作業員

キイロスズメバチの駆除は専門業者で相談しよう

旅行や施設から帰ったら

男性作業員

海外などで被害の多いトコジラミですが、連れ帰ったり、トコジラミのいる家から持ち込まれたりすることで日本でも被害が出ています。吸血性があり、噛まれるとものすごい痒みを引き起こします。繁殖すると厄介なので、早めに対策するのが重要です。カーテン裏や、畳の隙間など、ありとあらゆる隙間に居着くトコジラミ駆除は、専門業者に依頼して解決しましょう。トコジラミ駆除では熱消毒や殺虫、洗濯や時には家具の廃棄を行なって駆除をしていきます。ベッドやソファーなどに居着くことが多く、衛生管理のしっかりしていない旅行先ホテルなどから連れ帰って、繁殖させてしまうケースが多くあります。そうした施設や旅行で宿泊した場合、持ってきた荷物は服や布類は、熱湯で洗濯するなどした方が安心です。バッグなどに付着している恐れもあるので、洗えるものは熱湯洗濯して対処がオススメです。しかし、ベッドやソファー等に居着かれた場合には、構造的にトコジラミ駆除が難しいことがあります。隙間に生息できるので、ベッドの足や枠などのつなぎ目など分解掃除がしにくいところに入り込み繁殖するケースも多くあります。つなぎ目や、中綿の内部などに巣や避難先があるときには、家具自体の廃棄を推奨されることもあります。トコジラミ駆除では、フローリングの隙間に卵などが残っていることもあるため、徹底的な熱処理や殺虫処理を行ないます。これにより駆除をして、透明な捕獲罠でトコジラミの残党がいないかを確認ができます。